アルーア・ワイキキの外観

今回は、ワイキキのコンドミニアムで比較的新しい物件をご案内いたします。

まず、アルーア・ワイキキです。
カラカウア通りを山側から入り、橋を渡ってすぐ右手に位置しており、ワイキキ内では比較的新しく、2010年に完成しました。
建物はオーソドックスな外観で、ちゃんとラナイもついています。総部屋数300、35階立てで、1ベッドルームから3ベッドルームまでとなります。

ただし、2ベッドルームの部屋でも、駐車スペースが1つの場合と2つの場合があるので注意が必要です。もちろん別荘として持つ場合、2つも駐車スペースがいらないというオーナーさんもいらっしゃいます。この辺りは外国人のオーナーさんならではないかと思います。
またビル自体、写真でも解るように、部屋タイプによって階数が異なります。

建物を正面から見ると右側が2つほど階層が低くなっており、35階まではありません。
またホールウェイは、一部ドアを開けて外側へと通路が続いています。海側が通路の壁(手すり)になっており、オーシャン・ビューも期待できます。そして山側はお部屋の入り口、部屋の壁となっています。

アルーア・ワイキキのプール

アルーア・ワイキキの特徴としてアメニティーの充実さがあります。

温水プール、ジャグジー、フィットネス・センター、パーティルーム、BBQグリル施設、BBQ用のテーブル、椅子なども充分にあります。
セキュリティは厳しく、しっかりとしていて、オーナーには安心感を与えてくれます。
現時点で、価格は72万ドルから179万ドルまでの範囲で売り出されています。ご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

 


Kuni Onoe (PB, R)

尾上 邦文
愛媛県西条市生まれ。東京で信用金庫に勤め、その後ハワイの女性と結婚後1976年にハワイに移住。保険取り扱いライセンス取得、不動産取り扱いライセンスを取得、現在アクシブ社でプリンシパル・ブローカーとして活動。

LINEで送る
Pocket


2015年7月28日