カカアコの風景

さて今回はアラモアナ地区およびカカアコ地区について書いてみます。

4、5年前からこの地区には新しい開発プランが次々と発表されました。2015年7月現在このあたりでは15ほどの新プロジェクトがスタートしています。

よって2016年から2017年にかけてほとんどが完成します。これからも徐々にまだまだ発表される予定です。


ワイキキとは違いこの地区では、ホテルは建てられない為、勿論コンドミニアムとなります。

しかし、特徴は豪華、超豪華なお部屋を有しているコンドが多いのです。私的な考えですが、こちらのお部屋はほとんどがハワイの外(地元に人達ではない)からの人達が購入しています。それも住居としてではなく、別荘としてです。

価格は$10ミリオンから$50ミリオンまであります。ちょっと雲の上のような話になりましたが、昨今のイスラム国の問題をはじめ、中東諸国の混乱状況を考えると、ハワイと言う安全なトロピカル・リゾートとしての価値・ブランド力はますます上昇すると考えられます。

また1/3 程は$1ミリオンから$5ミリオンの物件です。サイズとしては1ベッドルームから3ベッドルームがほとんどです。

そして1/3 程は地元住民向けと呼んでいいと思います。この地区はやがてハワイ唯一の電車がスタートして、一つの駅ができます。住民としては住居と仕事場が近いのが魅力です。
アメリカ本土のハワード・ヒューズの会社を筆頭に地元の大地主のカメハメハ財団も再開発に取り組んでいます。20年後この地区はどのようになっているのでしょう。楽しみです。

最後に、では果たして日本の方もこの地区にコンドを購入されるのでしょうか?車が必要かな?買い物、食事は便利だな?とか・・。

やはりそれなりの目的、持論を持った方は考えるのではと期待しています。


Kuni Onoe (PB, R)

尾上 邦文
愛媛県西条市生まれ。東京で信用金庫に勤め、その後ハワイの女性と結婚後1976年にハワイに移住。保険取り扱いライセンス取得、不動産取り扱いライセンスを取得、現在アクシブ社でプリンシパル・ブローカーとして活動。

LINEで送る
Pocket


2015年7月7日